沈黙の臓器、化学工場などの異名をとる肝臓はそれだけ多機能な臓器ですが、お酒(アルコール)のような毒化リスクがある物質にもまじめに対峙するからこそ肝臓が害されることになります。どのようなメカニズムでアルコールが肝臓に影響するのか?解説します。 酒かす100gのカロリーは227Kcalだそうです。300g食べると680kcalにもなり軽く一食分に相当しますね。日に三食食べてさらにと言うことだとやはり肥満一直線かと。加えてアルコールの問題があり日に何度も食べてるということ 肝臓がアルコールを分解するように筋肉もアルコール分解に一役買っています。 これも肝臓の大きさのように男性より女性の方が筋肉の量が少ないことが多いので、この点でも女性の方がお酒に弱いということになります。 酒粕を調理して完全にアルコールをなくすことは難しいのですが、アルコール成分が1%以下であれば、200mlほど飲んでも妊婦さんの身体には影響がほぼ無いとされていますので、よく煮沸をして長く煮込んだ粕汁や甘酒であれば問題は無いでしょう。 「酒粕や甘酒は、アルコール濃度のきわめて低い食品です。 これを適量摂取することは、肝臓を健康にすると考えられるでしょう」。 その他、甘酒に含まれる機能性物質として こうじ酸 を、挙げる。 一度酒粕を蒸すなどして、アルコールを飛ばして使ってあげてくださいね。 酒粕をお湯で溶いて煮立てた後、使っても良いと思います。 (甘くない酒粕甘酒を作っておく感じで) ちなみに醸造アルコールですが、廃糖蜜から作られる甲類焼酎、 アルコールと肝臓病 » アルコールの飲みすぎにより肝臓病がおこります。はじめは脂肪肝で、飲みすぎれば誰にでも起こります。飲み続けているとアルコール性肝炎になり、死亡することもあり得ます。さらに飲み続けると肝硬変という最終段階に入ります。 酒粕の機能特性とそれを活かした商品開発 清酒醸造の副産物である酒粕には,血圧降下作用が確認されているアンジオテンシン変換酵素阻害活性を 有するペプチドやアルコール性肝機能障害,うつ病などの疾病への効果が認められているs-アデノシルメ